ENGLISH
小間番号:E61-30
ロードスターは自動運転レベル4技術の開発及び応用に特化した新鋭AIベンチャーである。
展示の見どころ
ロードスターはグーグル、テスラ、アップル、Nvidia、Baiduの自動運転エンジニアにより創設され、自動運転レベル4技術の開発及び応用に特化した新鋭AIベンチャーである。マルチセンサーフュージョン技術、ディープラーニング技術など、業界最新の技術を乗用車・商用車の自動運転を可能としている。
出展製品・技術(メーカー名)
レベル4フル自動運転システム
NEW
ロードスターが開発したマルチセンサーフュージョン技術はLiDAR、Radar、カメラ、GPSなど多種多様なセンサーを原始データレベルで融合し、空間・時間的シンクも完璧に行える。これにより、多種多様なセンサーは必要に応じて自由に取り替えることに加え、情報量が減らないため、自動運転のロバスト性と安全性を最大限にできる。
 
AI(人工知能)関連製品・技術
レベル4フル自動運転システム
NEW
様々な使用シーンに合わせて、自動運転製品をご提供できる,含む 技術コンサルティング・特定シーン自動運転ソリューション,レベル2マルチセンサーアーキテクチャ設計,レベル3補助運転システムデザイン,低速ビークルソリューション。
 
出展社による製品・技術セミナー
日時 会場 セミナー
1月17日 (水)
11:00 ~ 11:30
東-F セミナー会場 ロードスター (株)

自動運転技術の発展と現状
自動運転技術発展のサーベイ:グーグル、アップル、世界のベンチャーたちが何を競っているのか
 
会社情報
URL:出展社ホームページへ
部署:運営部 TEL:86-0755-86391575
  
※掲載情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載する事を固く禁じます。
Copyright © by Reed Exhibitions jpan Ltd. All rights reserved.